2月の釣り VOL1

画像

画像

まずは河川内のリバーシーバスから。

ベイトフィッシュはチアユです。

ナイトゲームの橋の常夜灯回りで水面がざわつき時々ボイルが見られる状況でした。

毎年お馴染みのパターンです。
画像

画像

波動の強いミノーに反応しにくいこのパターンを昔は波動の弱いワームで狙っていましたがそれも過去の話。

今は好みであるプラッキングでもワーム以上の釣果を出すことができます。

使用するルアーはスミスのCB70DRIFT SW と メバペンマグナム。
画像

画像


ともに水平浮きのトッププラグです。

この2種をあまり派手にアクションさせることなく弱波動で水面下のベイトを演出するのが釣果アップのコツ。
画像


使い方としては、橋の下流部である明部から上流の暗部にアップでキャストし時折軽いロッドアクションを加えて
シーバスにアピールしたら流れに任せて流すという釣り。

巻きの釣りというよりラインスラッグを巻きとるだけの釣りですね。

フライのドラッグを掛けない釣りのイメージに近い感じです。

もうひとつは、橋の上流部の明部に立ち、正面にキャスト。

これも巻きとって動かすというよりアクションを加えながら暗部にドリフトさせていく釣りです。

ドリフト中にバイトがあることもあるし、回収時にスローリトリーブすればそれにバイトしてくることもあります。

この2つのパターンで計4日間通ってみましたが、82cmを筆頭にどの日もノーフィッシュはなし。

完璧に釣り方が嵌ったようです。

宮崎ではシーバスでのチアユ偏食パターンは終わりそうですが、イナッコが多くなる4月からまた使えるパターンです。

タックルは、ルアーウェイトがCB70で4,5g、メバペンマグナムで7,7gしかありませんのでライトタックルで。

ロッドはトラウトロッドや海のライトゲームロッド、メインラインも飛距離を考えると6lbくらいが使いやすいですね。
画像

画像


使用タックル
ロッド:7~8ftのトラウトロッド 海のライトゲームロッッド

リール:セルテート2508PE

ライン 山豊テグス ストロング8 0,6号

リーダー 山豊テグス シーバスショックリーダー12lb 16lb

ルアー スミス CB70DRIFT SW、 メバペンマグナム

その他 リトルプレゼンツ SP3チェストハイブーツウェーダー
     リトルオーシャン オーシャンFGベスト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック