CRAZY BEAT

アクセスカウンタ

zoom RSS 近況2 シーバスゲーム

<<   作成日時 : 2017/03/18 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

チアユパターンのシーバスゲームの釣果です。

昔は嫌というほどやったゲームですが最近はご無沙汰。

釣友の誘いで、日向市内の大河川の方のポイントへ。

このポイントも数年振りで、20数年前にここに初めてエントリーし数年を掛けて秋から冬と春のシーズナルパターンに当てはめたのは間違いなく僕自身であると自負できるところです。

僕らの同世代からひとつ上の世代のシーバスやってた人達は、ここの下流部に大型実績ポイントがありましたのでそちらは良く行かれてました。

なので人と会うことはまずありませんでした。

「あんなとこ大型はおらんよ」と当時先輩から渋い顔をされたのも懐かしい思い出です。

さて、釣友からのせっかくのお誘いなので、久々に同所に行く気になった訳ですが、行くからにはテーマを持って・・・。

その今回のテーマとは、当時ここでよく使用していたルアーを使うこと。

チアユパターンなら今コレでしょう!というのはあるけど、ここは感傷にどっぷり浸かってみようと。

で、チョイスしたミノーがサラナ95Fとパニッシュ85F。(ここの開拓当初はまだサラナは生まれてなかったはず)

息の長いルアーで実はまだ現役です。

ポイントに到着すると、常夜灯回りにボイル。

すでに釣友は5匹のフッコクラスをゲットしてました。

釣れてるポイントである常夜灯明部を譲ってくれそうだったけど、固辞して常夜灯の灯りの影響のない橋の暗部を攻めることにしてみた。

友人のルアーには相変わらずバイトがあるようだけど、僕にはしばらくノーバイト。

これはもう折り込み済み。

1時間が経過したくらいだろうか、僕の手元にもようやくアタリが。

橋脚回りの深場からドリフトぎみにスローで動かしシャローへのカケアガリに達した辺りでした。

アワセを入れたら、エラ洗い。

手元に伝わる重みと合わせるとスズキクラスであることはすぐに解りました。

明部にはベイトが群れボイルが頻発するけど小型。

暗部はアタリも少ないけど、出れば大型。

やっぱりここ変わってないな、と少し感傷的になると同時に何故かうれしい。

サイズは70cm台で80クラスのランカーとは言えないけど、まぁ満足。

この後、明部でセイゴを追加し久々のシーバスゲームを満喫しました。

超久々な場所で久々なゲーム、また何か掘り起こしてみようかな。

そういえば、ここに通っていた20数年前の自分の回りの環境・仕事・家族・釣りへの思いなどが蘇り、ゲーム中に一瞬20代に戻った気になりました(笑)
画像

画像


ここでのヒットルアー
画像

画像

画像

サラナ95Fとパニッシュ85F.

画像

ラインは山豊テグスのPEストロング8 0,8号 リーダーはナイロンショックリーダー 20lb

僕はかなり昔からPEを使用していました。

20数年前は、ルアーキャスティング用のPEなんてなかったので、キス釣り用の投げ釣り専用PEを使用してたのを思い出します。

ルアー サラナ95F→http://www.smith.jp/product/salt/saruna/saruna.html
      パニッシュ85F→http://www.smith.jp/product/trout/panish/panish.html

ライン 山豊テグスPEストロング8→http://yamatoyo.com/products/pe%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%b08/
リーダー ナイロンショックリーダーforシーバス→http://yamatoyo.com/products/nylon-shock-leader-for-seabass/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近況2 シーバスゲーム CRAZY BEAT /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる